ひいらぎ矯正歯科

menu
〒674-0058 兵庫県明石市大久保町駅前1丁目10-17
tel.078-936-3330
はじめてのご相談・ご予約
今スグ、かんたんWEB予約

こどもの矯正CHILDREN

小学生の方

こどもの時期から矯正治療を始める意味とは?

この時期の治療は、今後生えてくる永久歯がなるべく良い状態で生える様にするため準備のための治療となります(一期治療といいます)。 歯並びは、「歯の問題」、「骨格の問題」、「習癖」の3つが相互に関連しています。この中でもこどもの成長期にあたる治療では、特に骨格と習癖の問題が大きく影響してきます。 通常2年前後これらの問題点を改善するように治療を行い、その後は永久歯が生え揃うまで定期的に経過観察を行っていきます。 この時期に矯正を行うことにより、永久歯の治療がより良いものとなります。 最近のお子さんの歯並びや顎の状態は、一期治療だけですむケースは非常に稀ですので、大人の歯がはえそろってから仕上げの治療は必要となることが多いです。

Q
いつ頃始めたらいいのか?
A
一番多く聞かれる質問です。ただ、その子の咬み合わせや成長の度合いにより適切な治療開始時期は異なります。まず目安としては小学校低学年の間に歯並びについて気になったら早めに相談においで下さい。適切な開始時期についてアドバイスさせていただきます。
Q
どのような治療をするのか?
A
当院では基本的な方針として、こどもの歯並び(乳歯がまだ残っている時期)の間は可能な限り取り外しの可能な装置を選択するようにしています。 メリットとして、日中は口の中に装置がありませんから、歯磨きや食事においても特に制限なく過ごしてもらうことが可能です。また、必要に応じて自分では取り外しの出来ない固定式の装置を用いることもあります。
Q
期間は?
A
治療を始める時期や治療の進行度合いによって前後しますが、目安としては2年前後がこどもの準備矯正治療に必要な期間となるケースが一般的です。その後は大人の歯がはえそろって仕上げの治療を行う時期まで半年毎に経過観察を行っていきます。

中学生〜大学生の方

本格的な矯正治療を始めるのに適した時期

中学生以降になると、大人の歯が生えそろいアゴの成長も終わりに近づいてくるため、ほぼ歯並びが完成に近づいてきます。この時期以降は本格的な矯正治療を始めるのに適した時期になってきます。主に「歯の問題」、「習癖」に対して治療を進めていきます。 通常1〜3年くらいこれらの問題点を改善するように治療を行い、その後は歯並びを安定させるために4ヶ月〜半年毎に経過観察を行っていきます。

Q
いつ頃始めたらいいのか?
A
基本的には通院するための生活環境が整えばいつでも始めることが可能な時期です。
学生の場合、クラブ活動や学業との兼ね合いもありますが、この時期の矯正治療は3〜4週間に一度の来院間隔となりますので忙しい時期と重ならないように工夫させていただきます。お悩みの場合は一度、ご相談下さい。
Q
どのような治療をするのか?
A
当院ではローフリクションと言われる歯にかかる力を少なくする方法を用いて治療を行います。一般的には歯の表側に装置を装着しワイヤーを用いた治療を行いますが、見た目が気になる場合はシュミレーションを行い、イメージを掴んでから治療を始めていきます。
見えない方法で行う事も可能ですので、気になる場合にはご相談下さい。